うつ病 躁うつ病 違い

躁うつ病について

うつ病と躁うつ病の違いですが、
うつ病の種類には色々あって、その中の一つに「躁うつ病」があるということなんです。

 

 

普通のうつ病は「うつ状態」だけが続きますが、
「躁状態」と「うつ状態」を繰り返すものを躁うつ病と言います。

 

躁というのは、気分が明るいハイテンションな状態です。
普通だったら疲れる状態でも全然疲れず、休みもなしで働き続けたりします。

 

一見良い状態のように見えますが、その疲れは必ずどこかで来ますし、また、冷静な判断ができなくなっているので、気分が大きくなって過剰な投資をしてしまったり、借金をしてしまったりします。

 

うつというのは、説明不要かも知れませんが、躁とは逆の、気分が落ち込んでいる状態です。

 

これは周りから見て、精神的に問題があることがわかりやすいので、躁に比べると、周囲は気づきやすいといえます。

 

うつに関する研究と理解が進んだ現在では、うつ病と躁うつ病は別の症状と考えられており、それぞれに適した治療法が考えられています。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


うつ病と躁うつ病の違い関連ページ

うつ病で退職・休職の現状
うつ病で退職・休職した場合に経済的な不安が出てきます。 うつ病の治癒には多くの時間がかかりますし、長期的な金銭が必要になるのみ収入の見込みがないという不安と闘わなくてはなりません。
定型うつ病と非定型うつ病
定型うつ病は几帳面でまじめな人が発症しやすいとされていますが、その逆に非定型うつ病の場合は不安要素が強い人が多いようです。 非定型うつ病の発症者は20〜30代の女性が圧倒的に多く、その発症倍率は男性に比べて約3〜5倍程度高いとされています。
クスリだけじゃキビシイ
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
季節性うつ病について
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
気分変調症
気分変調症とは、落ち込みが長期間(2年以上)続くことです。
うつ病時の飲酒
飲酒によって、一時的に気分がよくなる効果はあるのですが、逆に脳に悪影響をあたえてうつが悪化してしまったり、抗うつ剤が効かなくなってしまったりします。
「うつ病」と「正常なうつ状態」
うつ病の種類は色々ですが、まず「正常なうつ状態とは何か?」ということを知っておきましょう。
傷病手当金を受給しよう
うつ病に対しての一番理解者は、家族であるのが望ましいです。 そして次に有能な医師を見つけることです。 こうした方々を助ける制度としてあるのが、健康保険から支給される傷病手当金です。実際に傷病手当金を受給していきましょう!