うつ病とは

うつ病の種類 〜季節性うつ病について〜

うつ病で退職・休職していると、当然経済的基盤がなくなってしまい、困りますよね。
そんな方のために「傷病手当金」というものがあります。

 

これは、うつ病で休職・退職している方のために「月給の3分の2を支給する」というものです。

 

さて、ではどのような症状が「うつ病」と認定されるのか、
うつ病の種類を見ていきましょう。

色々ありますが、今回はその中の一つ「季節性うつ病」について書きます。

 

これは、ある特定の季節に症状が現れるうつ病です。
特に秋の終わりから冬にかけて多く見られます。

 

春先に回復することが多いので、日照時間の長短に原因があると言われています。
普通のうつ病と比較し、仮眠や過食などの症状が多く見られるようです。

 

秋から冬にかけて多いというのは、日照時間だけでなく、気温も関係があるような気がしますね。

 

「冷えは万病のもと」と言われますが、体の調子が冷えにより悪くなることで、精神の調子も悪くなるのだと思います。

 

あたたかい心」だけでなく「あたたかい体」も大事にしたいですね。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


季節性うつ病について関連ページ

うつ病で退職・休職の現状
うつ病で退職・休職した場合に経済的な不安が出てきます。 うつ病の治癒には多くの時間がかかりますし、長期的な金銭が必要になるのみ収入の見込みがないという不安と闘わなくてはなりません。
定型うつ病と非定型うつ病
定型うつ病は几帳面でまじめな人が発症しやすいとされていますが、その逆に非定型うつ病の場合は不安要素が強い人が多いようです。 非定型うつ病の発症者は20〜30代の女性が圧倒的に多く、その発症倍率は男性に比べて約3〜5倍程度高いとされています。
クスリだけじゃキビシイ
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
気分変調症
気分変調症とは、落ち込みが長期間(2年以上)続くことです。
うつ病と躁うつ病の違い
うつ病と躁うつ病の違いですが、うつ病の種類には色々あって、その中の一つに「躁うつ病」があるということなんです。
うつ病時の飲酒
飲酒によって、一時的に気分がよくなる効果はあるのですが、逆に脳に悪影響をあたえてうつが悪化してしまったり、抗うつ剤が効かなくなってしまったりします。
「うつ病」と「正常なうつ状態」
うつ病の種類は色々ですが、まず「正常なうつ状態とは何か?」ということを知っておきましょう。
傷病手当金を受給しよう
うつ病に対しての一番理解者は、家族であるのが望ましいです。 そして次に有能な医師を見つけることです。 こうした方々を助ける制度としてあるのが、健康保険から支給される傷病手当金です。実際に傷病手当金を受給していきましょう!