うつ病 飲酒

うつ病時の飲酒 〜適量に抑える&効果的な薬物療法を〜

うつ病の方だけでなく、誰でも落ち込んだ時や不安な時にはお酒を飲みたくなるものです。(お酒が好きな人の場合は)

 

うつ病の方も同じですが、この場合「落ち込み」の度合いが普通の人より大きいため、飲酒の量も過度なものになってしまいがちです。

 

飲酒によって、一時的に気分がよくなる効果はもちろんあるのですが、大量に飲酒を続けてしまうと、逆に脳に悪影響をあたえてうつが悪化してしまったり、抗うつ剤が効かなくなってしまったりします。

 

「酒は百薬の長」と言われるくらいなので、酒も立派な「薬」なのです。
ですから、飲みすぎれば当然副作用もあるし、他の薬が効かなくなることもあるのです。

 

ですから、うつ病に伴う不安やイライラを解消するためには、お酒を飲むのもいいのですが、それはほどほどに抑えておき、精神安定剤を効果的に利用するなどの、薬物療法の見直しを行う必要があります。

 

抗うつ薬では、例えばSSRIという新しいタイプの薬なども出ていますが、これらをうまく活用し、併せて、薬に頼らないリラクゼーションの方法を取り入れるのが理想でしょう。

 

現在、うつ病で退職、休職される方が後を絶ちません。
しかし、うつは誰でもなる可能性があるものなので、どうか落ち込まず、適切な薬物療法やリラクゼーションを行っていただきたいと思います。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


うつ病時の飲酒関連ページ

うつ病で退職・休職の現状
うつ病で退職・休職した場合に経済的な不安が出てきます。 うつ病の治癒には多くの時間がかかりますし、長期的な金銭が必要になるのみ収入の見込みがないという不安と闘わなくてはなりません。
定型うつ病と非定型うつ病
定型うつ病は几帳面でまじめな人が発症しやすいとされていますが、その逆に非定型うつ病の場合は不安要素が強い人が多いようです。 非定型うつ病の発症者は20〜30代の女性が圧倒的に多く、その発症倍率は男性に比べて約3〜5倍程度高いとされています。
クスリだけじゃキビシイ
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
季節性うつ病について
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
気分変調症
気分変調症とは、落ち込みが長期間(2年以上)続くことです。
うつ病と躁うつ病の違い
うつ病と躁うつ病の違いですが、うつ病の種類には色々あって、その中の一つに「躁うつ病」があるということなんです。
「うつ病」と「正常なうつ状態」
うつ病の種類は色々ですが、まず「正常なうつ状態とは何か?」ということを知っておきましょう。
傷病手当金を受給しよう
うつ病に対しての一番理解者は、家族であるのが望ましいです。 そして次に有能な医師を見つけることです。 こうした方々を助ける制度としてあるのが、健康保険から支給される傷病手当金です。実際に傷病手当金を受給していきましょう!