うつ病の種類 気分変調症

うつ病の種類 〜気分変調症について〜

うつ病の種類には色々ありますが、その中の一つに気分変調症があります。

 

気分変調症とは、落ち込みが長期間(2年以上)続くことです。

 

「落ち込み」をより具体的に定義すると、

軽度の抑うつ気分」や「広範な興味の消失」などとなります。

 

で、気分変調症になると、
疲労感がいつまでも続いたり、「自分の人生には価値がない」という思考、自己嫌悪感、罪悪感に常に悩まされるようになります。

 

自己嫌悪、罪悪感はどんな人にでもよく起こる感情ですが、それがずっと継続するのが気分変調症です。

 

一説によると、人口の3%〜4%はこの症状だと言われます。

 

社会的、心理的なストレスが発症に大きな影響があるとされ、結婚生活が行き詰っている時や、余暇をうまく楽しめていない時などに起こると言われます。

 

この症状は一見病気に見えないので、従来はただの「未熟」「自己愛」と思われてきました。
そして、病名としては「神経症性うつ病」と呼ばれていました。

 

が、現在では抗うつ薬が効果を持つうつ病の一種であることがわかり、治療に対する研究と理解が進んでいます。

 

この「気分変調症」に限らず、うつ病で退職、うつ病で休職などというと、何か怠けているように疑う理解がない人が、現代でもいるのは確かです。

 

うつに対する理解は年々進んでいるとはいっても、まだまだ別の世界の話というイメージが強いのかもしれません。

 

≪うつ病だったのに気づかなかった若い頃の話≫

 

この頃うつ病で退職や休職についての記事やニュースをよく見かけます。
以前に比べてうつ病が市民権を得始めていると言う証拠なのではないかと個人的には思っています。

 

少し前までうつ病は単なる気の緩み、怠け癖で片付けられていた印象を受けますし、少しずつ認識されてき始めた今でも、そう思っている方はやはりまだいらっしゃるのでしょう。

 

私はかなり小さい頃から内向的な性格でした。
何かあると発散させると言う事ができるタイプではなく、結果として十代の頃には立派なうつ状態でした。

 

高校卒業して進学のため一人暮らしを始めましたが、
朝どうしても起きられない。駅までたった十分の道が歩けない。休日は家から出る事ができない。食べ終わった後の食器を片付けるために立ち上がる事ができない。

 

そんな毎日でした。

 

何の気力もないのです。

 

しかし私自身それがうつの症状だと気づいたのはその後何年も経ってからです。

 

もう九年前、二十歳の時決定的に症状が悪化して、薬屋で買ってきた痛み止めや風邪薬やその他ありとあらゆる錠剤を百錠位一気に飲みました。

 

偶然訪ねてきた友人に発見され、救急車で病院に搬送されました。

 

その後治療をして快癒し現在に至ります。

 

今は普通に仕事もしているし、一人暮らしで寂しいと思う事があっても、病的に絶望的な孤独を感じる事はなくなりました。

 

あの時友人が来なかったら私はどうなったのでしょうか。
誰も私がうつだとは思っていなかったので、大事に至ったならきっと回りは混乱したでしょう。

 

本人も回りも気づいていなくても進行しているうつ病がある場合があります。
回りも本人も大丈夫だと思い込まない事はとても大事だと今では思います。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


気分変調症関連ページ

うつ病で退職・休職の現状
うつ病で退職・休職した場合に経済的な不安が出てきます。 うつ病の治癒には多くの時間がかかりますし、長期的な金銭が必要になるのみ収入の見込みがないという不安と闘わなくてはなりません。
定型うつ病と非定型うつ病
定型うつ病は几帳面でまじめな人が発症しやすいとされていますが、その逆に非定型うつ病の場合は不安要素が強い人が多いようです。 非定型うつ病の発症者は20〜30代の女性が圧倒的に多く、その発症倍率は男性に比べて約3〜5倍程度高いとされています。
クスリだけじゃキビシイ
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
季節性うつ病について
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
うつ病と躁うつ病の違い
うつ病と躁うつ病の違いですが、うつ病の種類には色々あって、その中の一つに「躁うつ病」があるということなんです。
うつ病時の飲酒
飲酒によって、一時的に気分がよくなる効果はあるのですが、逆に脳に悪影響をあたえてうつが悪化してしまったり、抗うつ剤が効かなくなってしまったりします。
「うつ病」と「正常なうつ状態」
うつ病の種類は色々ですが、まず「正常なうつ状態とは何か?」ということを知っておきましょう。
傷病手当金を受給しよう
うつ病に対しての一番理解者は、家族であるのが望ましいです。 そして次に有能な医師を見つけることです。 こうした方々を助ける制度としてあるのが、健康保険から支給される傷病手当金です。実際に傷病手当金を受給していきましょう!