うつ病 改善 回復体験談

ちょっとした生活習慣が、うつ病の回復の助けになる

私はうつ病が治りました。

 

初診では、

 

「重症ではないけれど、決して軽くはない症状です」

 

と言われ、
うつの波を何度も何度も繰り返しながら、

 

時には薬が増えたり、
一度は復帰した仕事から再び離れたり、

 

そんなことを繰り返しながらも、治ったのです。

 

 

夜、眠れても眠れなくても、朝は6時に家族と一緒に起きました。

 

座っているのも辛いときでも、一緒に朝の食卓を囲みました。

 

 

そして家族が出かけると、再び布団へ潜り込むのです。

 

 

体内でセロトニンを作り出すための材料になるのは、
アミノ酸の一種のトリプトファンだと知ると、
トリプトファンを含む食品をしっかり摂ってみたりしました。

 

 

少し体調の良い日は、庭に出て、草取りをしてみたり、花を植えたりしてみました。

 

気が向くと、運動をして汗をかいてみました。

 

 

しかし、直ぐに疲れました。
疲れると、中々疲労が回復せず、何日も寝込みました。

 

それでも、体が喜んでいるのを実感できたのです。

 

庭の手入れをしてみること、
運動をして体をうごかしてみること、
これが無性にやりたくなるときがあり、やると楽しいのです。

 

そしてまた寝込む。

 

こんなことを繰り替えながら、私は着実に体力をつけていることに気付きました。

 

朝決まった時間に起きると、
体内時計がリセットされて、体のリズムが整うことも知りました。

 

今となってみると、

 

少しずつ繰り返したこの習慣が、私のうつ病からの回復をしっかり助けてくれていたのです。

 

 

そして、バランスのとれた栄養と適度な運動は、
私の体をつくりかえていくことになったのです。

 

ほんのちょっとのことを、無理せず少しずつ気長に続けていけばいいのです。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


生活習慣が回復の助けに関連ページ

結婚前の彼がうつ病発症
うつ病に寄り添うのは大変だけれど、一番辛いのは患っている本人です。実際に体験談はこちら。
うつ病の辛さとどう家族に接してほしいか
うつ病体験談−うつ病の辛さとどう家族に接してほしいか
うつ病はうつるの?!治るの?
将来の話をするといまだに大喧嘩になります。 夫も「俺まで鬱になりそうだから、将来の話はしないでくれ!うつ病はうつるんだ」といいます。
うつ病で休職した夫がどうやって回復したか
うつ病で休職した夫がどうやって回復したかという体験談を紹介しています。
「うつ病」は病気だということ。
うつ病の再発でした。友人は知らず、家族は隠していたようです。前に妻子がある人を好きになって、自殺未遂を起こしたことがあったそうです。
私の経験と就労との関係
私の場合にはうつ病が仕事上の人間関係のストレスによって引き起こされるということです。
シソを使ったさっぱり料理で、うつ病もさっぱり改善
シソの葉には、実はうつ病を予防や改善する効果があります。
うつ病検査に関する新しい発見
うつ病の血液検査に関するニュースが報道されました。国立大学教授の研究グループが、脳細胞を活性化するたんぱく質の遺伝子の働き具合を指標とするという新しい方法を開発したというものです。
闇を照らす一筋の光
うつ状態になっている時はどんなに頑張ってもいい方向には物事を考えることができず、自分の思考がすべてマイナスの方向に勝手に引っぱられていくような気がしていました。
CGデザイナーの友人の場合
私はうつ病ではないのですが、仕事のパートナーでうつ病にかかっている知人がいます。
IT関係出身者の経験
仕事の厳しさと職場の人間関係に追いつめられる形でうつ病になり、そのまま休職しました。
システムエンジニアの場合
SE(システムエンジニア)の仕事は非常にストレスが多く、過労で倒れた、ドクターストップで会社に来られない、うつ病を発症し休職などという話は珍しくありません。
予防と治療について
うつ病で退職した方の増加を背景に休職者がリハビリをする場の需要が高まっているそうです。
森林浴での回復
森林浴をすると気分がスーーーっと気分が晴れていくのがわかります。
結婚、妊娠、産後うつ病のつらかった経験
新しい環境で、それまで、バリバリ仕事をしていた私は、専業主婦になり、すぐにうつ病になってしまいました。
うつ病と診断された日
友人と上手く行かなかったとかは無かったのですが義務でも無くなってしまった学校、自分の望む道に進めなかった絶望、朝、起きて布団から出ることもできなくなりました。 人と話すのも苦痛で無表情になり、親とも友人とも話すらしなくなりました。
うつ病とは心の風邪
うつ病になった時、私は親、兄弟、その他諸々の人に自分がうつ病である事を隠していました。うつ病である事が恥ずかしく、またその発症の原因を聞かれるのが嫌でした。そのため治療を受けるのもためらい、その間に、私のうつ病はすっかり悪化しました。
個人事業でうつ病は辛い
父は自営業をしていて自分一人で仕事をしていましたから、うつ病で退職とか休職とかするわけにもいきません。
冬期性うつで光療法を試す
私は冬期性うつを持っています。 毎年、空気が冷たくなり日照時間が短くなると、だんだんと気持ちが憂鬱になっていきます。 もうこの症状が始まって8年が経ちます。
ちょっとした生活習慣
少しずつ繰り返した習慣が、私の回復をしっかり助けてくれていたのです。バランスのとれた栄養と適度な運動は、私の体をつくりかえていくことになったのです。
うつ病と診断されるまで
うつ病になって思ったことは、無理をしない。 もう無理だと思うならば、思い切って休むことが大事だということです。
鬱病を患っている時に言われたくない事
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。
意外な治療方法
私が知っている人のうつ病は、現代型うつ病のようで、仕事の時はとても憂鬱になるのですが、休みの時は非常に元気になるという症状があります。
薬でかなり改善されます
うつ病はりっぱな病気。 薬で治ります。 薬や病院をためらっている方、ぜひ早く行ってください。
うつ病の治療は気長に最後まで
うつ病は焦らず慌てないことが、回復への近道です。
休息と遊びを繰り返す
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。大切なのは支給要件や申請手順をしっかり理解することです。