うつ病 失業保険

失業保険と傷病手当金、うつ病で退職した場合はどう給付されるか?

うつ病においては必ずと言っていいほど現れるのが、対人恐怖症と呼ばれる、人と会う事を恐れてしまう症状です。

 

一度そうなってしまうと、なかなか社会復帰は難しく、長期的な休みが必要になります。

 

そういった場合、必要になるのはお金と献身的なサポートですが、国が症状はどうあれ、病気によって働けない場合、一定期間に渡ってお金を支給することで助けようとする制度が、傷病手当金制度になります。

 

ではこの傷病手当金制度、より細かな所を見て行きましょう。

 

例えば自分自身がうつ病を患ってしまい会社に通うのが困難になってしまい、退職を余儀なくされてしまったとします。

 

うつ病の場合はこれはよくある話で、一時的に休暇を取って回復の経過を見て、あまりに改善が見られない場合は、そのまま解雇になる…ということもよくあることです。

 

立場的には主と従の関係の為に解雇は不当ではなく仕方ないのですが、職が全くない状態でも、この傷病手当金は引き続き受け取りが可能です。

 

ただし、ここで一つの注意が必要なのは、自身の病気によって失業をしてしまった場合、傷病手当金は頂けますが、失業保険は同時には貰えないということです。

 

 

分かりやすく説明をすると…傷病手当金の場合は、
病気やケガによって継続して働く事が不可能になった

 

ということが絶対条件なのに対して、

 

失業保険の場合は、
働く能力や働く意思があるにもかかわらず、その働き先がない」ということが絶対条件になります。

 

失業保険と傷病手当金を同時に給付されることは論理的におかしくなるからです。

失業保険との関係を知ろう

傷病手当金をもらい終わったあとに失業保険を受けるためにも、退職してから1カ月以内に失業保険の受給期間の延長申請をしておかなければいけません。

 

失業保険は、会社を退職後に1年間の期間内でないと、権利が失効してしまいます。忘れずに受給期間延長の申請をしておきましょう。
実際の運用では、退職してからすぐにでも失業保険を受ける延長申請を受け付けてくれるハローワークもあるようです。
手続きにご注意ください。

 

ちなみに失業保険を申請するにの必要な離職票は退職後に送付されてきますので、それを持参して近くのハローワークなどへ持って行きます。

 

窓口で担当の方に受給期間の延長したい旨を伝えると、記入資料を提示してくれると思いますので、それに従って手続きをすることで、延長して貰う事が可能になっています。

 

リレー形式の受給で安心の3年間

傷病手当金の受給の期限が1年と6カ月と言う事は何度も記事に書いてきたと思いますが、実際にうつ病は長く続く病気です。

 

うつ病の病状が悪化していき病気の長期化が進んで行けばいずれ闘病年数が傷病手当金の最長受給年数を超えてしまうことは明白な事実です。

 

どの様な病状であれ、同一病名に関して受給資格は一回きりと定められています。

 

 

では傷病手当金の受給が終了した場合は一体どうする事が得策なのでしょうか?

 

失業保険にシフトチェンジする人が多い様ですが、とは言っても同時受給は出来ないことになっています。

 

そこで、リレー形式での受給をおススメします。

 

 

失業保険の支給期間は一年間と定められていますが、これの延長手続きをすることによって最長で3年間の支給期間の延長が可能になります。
過度のストレス等でうつ病を患ってしまい長期的な療養を余儀なくされた方は、まず傷病手当金の申請を行った後で失業保険の延長手続きを取るといいですね。

 

ではその延長手続きはどういうものなのかというと、これはそれほど難しいものではなく失業保険の受給期間である1年間の間に、引き続き30日以上の働く事が出来ない場合に、受給期間を延長すること出来ます。

 

さらに障害年金の受給も並行して検討していきましょう。

 

傷病手当金の後は、失業保険・障害年金の受給をめざすことで、リレー形式で社会保障を受けることが可能になるのです。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


失業保険と傷病手当金関連ページ

障害年金
うつ病で傷病手当金や障害年金などの利用が可能です。障害年金では2級と3級で可能性がありますが、大きな額の開きがあるため2級に認定されることをめざすべきです。
傷病手当金を超える給付金は?
うつ病で休職・退職になったら傷病手当金以外に、傷病手当金附加金や民間の保険も検討しよう。