うつ病 退職 休職 社会保険労務士

傷病手当金を受給する方法 評価・レビュー

 

←こちらが実際に自宅に送付された傷病手当金を受給する方法の商品です。

 

以前の素朴な案内サイトの作りと同様に、マニュアルも至って地味な作りでした(笑)。

 

ダウンロード版でも冊子版でもどちらも購入できますが、分かりやすいように冊子版で購入するとこのような封筒で届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教材を読んだ感想

傷病手当金を受給する方法は、社会保険の専門家である社会保険労務士によるマニュアルです。

 

読んでみた感想ですが、まず、情報量が多いです。

 

 

このマニュアル1冊があれば、傷病手当金の受給に関して持っているほとんどの疑問が解決されると書かれていますが、確かにそう豪語するだけの情報量はあるといえるかもしれません。

 

また、実際に相談を受けた事例をQ&A形式で掲載しています。
しかも、Q&Aが基礎編と上級編に分かれているくらいですから、多くの傷病手当金受に関する相談事例を扱ってきた専門家だということがわかります。

 

この商材(傷病手当金を受給する方法)の売りとして、この教材購入者には専門家による無料のメール相談・電話相談に応じている点です。

 

通常、専門家に相談するとかなりの相談料を取られることが普通ですが、教材購入者にはメール相談を2往復分無料、電話相談を1回(30分以内)無料という内容の特典が付いてきます。

 

他のマニュアルと比べるとかなりの制限がありますが、専門家に相談できるという安心感と割安に相談できるという点は売りといえるでしょう。

 

特徴・他にないおススメのポイント

傷病手当金の受給期間の途中で、傷病手当金が減額されるケースの説明とその防止方法が書かれている点が他のマニュアルにはない情報です。

 

また、傷病手当金の支給申請書の書き方についても一番詳しく解説されているので記入にあたって戸惑うことはないでしょうし、色々なケースでの制度の運用の仕方もわかるでしょう。

 

この2点が他にないおススメポイントです。

 

残念な点

傷病手当金について深く制度理解をしたいとか、色々な申請時の疑問を解消したいとかいう場合には、この商材を読むことで事前に理解が深まるでしょう。

 

但し、申請が通りやすくなるためのノウハウ的なものはなく、この点が残念なところです。
傷病手当金について深く制度理解をしたいという時の辞書のような利用がよいのかもしれません。

 

マニュアルを複数購入することを考えている場合には、手元に置いておく2冊目の情報として購入を検討されてもよいでしょう。
また、これだけの情報量があると返金保証は設定しずらいところでしょうが、返金保証ができたことはとてもありがたいことです。

 

 

この商品は、インフォトップという日本一の情報商材専用のアフィリエイトサービスで販売されています。
商品購入の際のお客様の個人情報は、SSLとベリサイン・ハッカーセーフで情報を暗号化して送信する仕組みにより、ご記入いただく内容は安全に送信されます。
詳しくは、インフォトップ ユーザー(購入者)の7つの安心をご覧ください。
お支払い方法は、クレジット・代引き・銀行振り込み・コンビニ決済が選択できます。

 

また、このサイトでご紹介している商品の内容について、ご不明な点や心配な点がございましたら、私宛にご遠慮なくお問い合わせ下さい。
実際に商品を購入していますので、一定のことについてはお答えできるかと思います。ただし、当然ですが実際にマニュアルに書かれている手法をお教えすることはできませんのでご了承ください。

 

なお、お問い合わせの際には、「お問い合わせしたい商品のタイトル名」を入れて連絡いただけると幸いです。
どの商品のお問い合わせなのか、わからないといけませんので・・・。

 

 お問い合わせ先 ⇒info★sikaku-kigyou.com  ※迷惑メール対策として@部分を変更してあります。メールを送る際は必ず送信先メールアドレスの「★」となっている部分を@に変更してから送信してください。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


傷病手当金を受給する方法関連ページ

マニュアル比較ランキング
傷病手当金の受給で大切なのは医師の診断書と受給しやすい申請書を作成することです。そのノウハウの書かれた情報商材をランキングで紹介しています。
傷病手当金受給マニュアル
実際に購入した傷病手当金受給マニュアルは、冊子版とダウンロード版があり、冊子版で申し込みました。冊子版で購入しても、ダウンロードして読むこともできます。
鬱病(うつ病) ―お金で悩まない養生生活―
傷病手当金や障害年金などの受給で大切なのは医師の診断書と受給しやすい申請書を作成することです。そのノウハウとは?