うつ病 待期期間

待期期間を理解すれば身近な制度に

国民健康保険の被保険者期間が最低でも一年以上あり、尚且つ労務不能の日が連続して3日以上ある場合、多くの人は傷病手当金を受給する権利がありますが、

 

「傷病手当金」と言う様な名前を聞くとどうしても人は、

 

「大病を患った人が貰う補助金」

 

といったイメージを持つ人が多いみたいです。

 

そういうイメージを生む理由のもう一つ大きな理由に、申請を行う人の多くは長期的な療養を必要としている人がほとんどのため、健康な方は自分にとって身近な保障であるという風には抱けない方が多いのです。

 

そこでもっと簡単に考えてもらう為に、傷病手当金の支給の条件の中にある、労務不能期間が3日以上という部分にスポットを当てると、より理解しやすいと思います。

 

この条件は、病気や怪我によって働くことが出来ない期間が、連続して3日間以上あれば支給が可能になります。
ちなみにこの3日間は待機期間になるため、傷病手当金の支給はありません。

 

例えばインフルエンザを患ってしまって自宅療養期間が4日間あったとすると、3日間を差し引いた残り1日分の傷病手当金をもらうことが可能になります。
こういった場合に申請する方は稀だと思いますが、実際にはこういう場合でも傷病手当金の支給は可能になります。

 

 

そう考えると、現在は健康体である方でも今後もしも…という場合には、十分適用される可能性があるので、覚えておいて損はないと思います。

 

もちろん健康にこしたことはないのですが、何が起こるか分からないこの時代に、傷病手当金支給の条件を知っているということは、将来武器になる情報である事は間違いありません。

 

待期期間と考え方

傷病手当金の支給を希望している人にとって忘れてはいけないのが、当人の待期期間の有無です。

 

これは3日間以上の働けない状態が続いた期間のことで、これを国では連続した3日以上の労務不能が条件となっています。
これは色々とバリエーションがあるため、詳しく紹介します。

 

 

例えば一週間のうち、月曜日、火曜日、水曜日を病気や怪我で休んだとします。この場合は待期期間が成立しているので、OKです。
これは有給や公休を挟んで(例えば、土曜日、日曜日、月曜日)3日間を取ったとしても同じです。

 

 

ですが、条件としては3日連続という部分は絶対であって、月曜に休み、火曜は出勤、水曜は休み、木曜日も休み、これでは実際に連続した休みは2日間だけですので、支給条件を満たしたことにはならないので注意が必要です。

 

とは言ってもこれも少々の例外はあって、急性の病気を就業中に発症してしまい、そのまま入院が必要などの場合、多くはその日から待期期間がスタートしたと考えてよいでしょう。

 

ただこれが自宅に帰ってから発症して病院に行くとなると、就業時間外になるので、待期期間の開始は翌日からとなります。

 

また、待期期間ののちに退職する場合は注意が必要です。待期期間3日間をクリアしても、傷病手当金を受給できる権利を有している必要があることから、最低4日間必要になるからです。

 

ここも間違いが起こりやすい部分ですので、しっかりと理解して自分の頭で待期期間の計算が出来る様にしておきましょう。

 

 

ちなみにケガの原因が会社側にある場合、(業務上に起こりえるケガの場合)傷病手当金扱いではなく、労災になる可能性もありますので、それがどういう状況でどういう状態で起こったのかを、きちんと当人で把握しておく必要があります。

 

有給と傷病手当金の関係性

うつ病などで退職をしてしまい傷病手当金の申請を考えていという方の疑問点の一つによく挙げられるのが

有給と傷病手当金の関係性についてです。

 

その中でも特によくある間違いのひとつに

 

有給が残っている場合は傷病手当金はもらえるのか?
というものがあります。

 

先に答えから言うと、答えはイエスです。

 

というのも傷病手当金の受給要件の縛りの中には有給の有無というのは含まれていません。

 

従って傷病手当金申請の段階で有給が残っていても、使い切っていたとしても傷病手当金申請は可能ですし、受給も可能です。

 

ただ、傷病手当金を受給するためには規定の三日間の待期期間が必要になります。

 

この待期期間については前にも話しましたが、連続する3日の休みの期間は給与が発生しません。
従ってこの3日間に有給をあてるという方法もあります。

 

 

またうつ病の人や突発的なケガなどを負ってしまった場合、最初はほとんどの人が有給を使ってその間に治療をしようとするため、待期期間の頃には有給を使い切っている…という人もいます。

 

そういう人の場合は、土曜、日曜、祝日を絡めた待期期間を完成させるという手段もあります。
(傷病手当金の待期期間には土日祝を含みます)

 

 

出来るだけこういった休みを利用して待期期間を完成させることで有給を使用せずに待期期間を作ることが出来ます。

 

 

 

もちろんどのタイミングで有給を使用するかは個人の自由ですが、一番使いたいときには使い切っていた…なんてことのない様にしましょう。

傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。


待期期間関連ページ

傷病手当金の額
傷病手当金の額がいくらになるのか、具体的な例では?1年6カ月が経てば、同一の疾病や負傷、今回であればうつ病ですが、たとえ病気が完治していなくても期間をすぎたら支給されません。
社会的治癒とは
うつ病の完治を測る尺度として、治癒は医学的見地からの判断を主としておらず、主に、社会的治癒の尺度から当人の治癒状況を測ります。 支給期間と社会的治癒とは大きな関連があります。
労務不能とは
うつ病の労務不能というのは一体どういう状態なのでしょうか? 労務不能という状態は、その被保険者が現在携わっている職種や、仕事量、うつ病での申請の場合はストレスの度合いなど、を社会的通念に基づいて判断を行います。
支給対象者は
傷病手当金が健康保険というしくみから支給される。 アルバイト・パート社員は貰えることが少ないが、社長の傷病手当金の申請は可能。
支給条件
傷病手当金制度を利用したいと考えている人の多くが、一体どういう病状ならば支給されて、どういう病状なら支給されないのか、というのは必然的に気になる所です。ですが実際にはそれほど病名は気にしないでいい
傷病手当金受給中の注意点
傷病手当金支給後のアルバイトは可能、転職活動と傷病手当金、傷病手当金は確定申告が必要か・・などについて説明しました。
傷病手当金 退職後
うつ病で休職・退職になったら退職前に要件をクリアしよう。任意継続被保険者になってからでは傷病手当金の支給はされない。