うつ病で退職・休職

はじめに

うつ病の診断を受け、休職、退職といった先が見えない不安の中、多くの方が金銭的な不安を想像して心配をするのではないでしょうか?

 

会社からは自己都合という理由で退職で追い込まれ、そのために失業保険はしばらくはもらえず、再就職の見通しも生活の見通しも立たない・・・・

 

しかし、うつ病という精神疾患で退職・休職になったのであれば、社会保障制度を利用して経済的な生活面を救済してもらえる可能性があります!

 

私は仕事上、うつ病などの精神疾患にかかり、会社を退社せざるを得ない方の相談を受けることがあります。

 

そのときに感じるのは、

 

・傷病手当金制度があるという事実を先に知っておくだけで、
・在職中にほんの少しの行動をするだけで、
・休職中や退職後も数百万円単位の保障をうけとることが可能なのに、

 

 

折角の機会を失っている方が非常に多い

 

ということです。

 

うつ病で休職・退職になっても、傷病手当金や障害年金(厚生年金・国民年金)をもらうなどといった打つ手があるのに、その存在を全く知らなかったり、退職後に初めて知ってときには支給要件に該当せずに受給できなかったりといったことがとても多いのです。

 

それは、決してその方が一方的に悪いのではなく、

 

社会保障制度の支給要件に該当していても、申請主義という名目で社会保障のしくみをしっかり伝えていない行政機関や職場にこそ大きな問題があるのではないかとも思います。

 

しかし、現状では自分で自衛するしか仕方がありません。

 

そのためには、できるだけ早い段階で自分自身が正確な情報をつかんでおく必要があるのです。
特に、公的社会保障制度の支給要件や申請手順をしっかり理解することが大切です。

 

このように書くと難しく感じる方もみえるかもしれません。
実際に、こういったリスク回避のツールを利用している人は、まだ極わずかなのだと推測しています。

 

社会保障制度という言葉を聞くと難しい、自分には無理と思ってしまいがちですが、決して難しいことではありません。

 

全く知らない世界だから難しいように感じるだけで、

 

要は知っているか知らないかだけ

 

だということです。

 

 

つまり、そのような制度があることさえ知っていれば、
正確な情報を、信頼できるところから入手すればよいのです。

 

このサイトでは、傷病手当金の受給マニュアルを私が実際に購入し、本当に役立つ情報であるか、価格程の価値があるのかを比較検証しております。

 

最もあなたにふさわしい情報をご紹介できればと思っています。


傷病手当金受給マニュアル比較ランキング

私自身が実際に購入し、情報の中身もしっかり読んだ上でおススメの傷病手当金・障害年金の受給マニュアルをランキングでご紹介しています。